ノート型のメリット・デメリット

機動性に優れて省電力で動作する

ノート型パソコンのメリットとデメリットは以下のようなものが挙げられます。まず、メリットとしては機動性が高いということです。バッテリーを電源として数時間動かすことができるのでどこでも持ち運びが可能ですし、デスクトップと比べればはるかに小さく、軽量という点も持ち運ぶにはもってこいです。社内を移動しながら、パソコンに保存してあるデータを確認したいといった場合に便利に利用できるでしょう。
また、消費電力が少ないのも大きなメリットです。バッテリーでも長時間動かせるように、ノートに搭載するCPUなどのパーツは必ず省電力で動作するように作られているからです。当然、会社が支払う電気代もデスクトップパソコンを使うよりかは減らせるので、光熱費を抑えたいという場合におすすめできます。

キーボードが使いにくく、モニターの解像度が低め

一方、ノートパソコンのデメリットとして挙げられるのは、まずキーボードの使いにくさです。デスクトップパソコンの場合、テンキー付きのキーボードを接続するのが一般的ですが、ノートパソコンの場合、テンキーは省かれているのが普通です。もちろん、それでも数字を入力することは可能ですが、入力モードの切り替えが必要になるのでその分、手間がかかります。また、キー同士がそれぞれ近くにあり、しかも小さいので、間違って別のキーを押してしまうこともよく起こりえます。
また、モニターの解像度がデスクトップパソコンに接続するものと比べると少ないことが多いので、複数のソフトウェアの画面を一度に見るといったことが難しくなります。