法人向けパソコンのデメリット

重さによる利便性の悪さ

IT技術の進化に伴って社内で専用の法人パソコンを導入する企業が増加傾向にあります。
こうした法人パソコンは、使い方次第で業務のスピードアップが図れるといったメリットがある反面、デメリットになりえる点もあるので注意が必要です。
比較的多く聞かれるデメリットに感じてしまう点として重さによる利便性の制限が挙げられます。法人パソコンは会社の大事なデータを保存する目的から大きく頑丈な作りになっているケースも少なくありません。頑丈にできている点はメリットになりますが、重量がかさむことで持ち運ぶが大変になります。日常の使用ではそれほどデメリットに感じなくても、オフィス内の配置換えなどを行う時は苦労するかもしれません。
当然、社外に持ち運ぶのも無理なので、外出先など別の場所でパソコンを使用する場合には別に携帯用を購入する必要があります。

操作性とデザインの選択肢の少なさ

法人用のパソコンは個人向けのパソコンに比べて、カラーバリエーションや形状の選択肢が少ないのが実情です。仕事での使用が目的なので形や色は気にしないという人であれば特に問題はありませんが、インテリアを統一するなどのこだわりがある場合にはデメリットになります。
法人用は機能面でも若干劣ることも多く、導入されているアプリケーションの少なさに不満を感じてしまう人も少なくありません。中には性能がシンプルという理由で説明書が付属していないケースもあって、知識や技術がないと操作が難しいという問題が生じることもあります。
その結果、専任の指導員の配置を迫られるなど、余分なコストが掛かってしまうこともあるので注意が必要です。